LOHASな日記

LOHASな趣味や仕事を持っている様々な人たちが、リレー方式で毎日更新していく日記です。


  • LOHASな日記 Vol.3597 | 2017.09.02

    伊勢・鳥羽の旅

    日記当番:しろくま


    三重県で週末を過ごすことになったので伊勢、鳥羽に行くことにしました。

    鳥羽駅の観光案内でイルカ島・鳥羽湾クリーズの切符をゲットし、
    竜宮城の船でイルカ島へ。

    島の高台に展望台とアシカショーのステージがあります。
    古びたステージとプールでアシカのひなたが芸を見せてくれました。
    リフトで下に降りたところにある小さなプールでは
    イルカのはやてがジャンプを見せてくれました。
    夏だけ出稼ぎに来ているわけではなく、
    ひなたもはやてもずっとこの島で過ごすのだと思うと
    ちょっとせつない気持ちになりました。


    伊勢市駅から表参道を歩いて伊勢神宮外宮の入り口まで5分ほどです。
    入り口の守衛所で中の地図をもらい、橋を渡って敷地に入りました。
    左手に入ったところに風宮と土宮、階段を上ったところに田賀宮がありました。
    戻って奥に進むと太い幹の木々に守られて本宮はそこにありました。
    1500年前に建てられ、20年に一度生まれ変わります。


    資料館の「せんぐう館」には実際に使われていた門や金具が展示され、
    実物代の屋根と柱も見ることができます。
    木とわらでできた神宮を造っているのは大勢の宮大工たち。
    彩色されているのはごく限られた部分だけです。
    自然の中に作られた神々の場所としてふさわしい建物です。

    しろくま

    熊代浩子
    和歌山県出身
    関心のあること:日本の森、映画、書道、フィンランド、フランス、健康